小学生のロボット&プログラミング教室

栄光ロボットアカデミー

プライマリー・セカンダリーコース11月授業レビュー

神奈川のロボコン大好き先生こと池谷ですicon:face_chomp
今月の横浜校の様子をレポートして参りますicon:hot_spring

★プライマリーコース 

【11月1回目:EV3を動かそう!
メカ度★☆☆☆☆ プログラミング度★★★★☆

プライマリーコースの皆さんはEV3を動かしてみる授業でしたicon:body_peace
初めてパソコンとマウスを触るお子さんもいらっしゃいましたねicon:body_run_away_left

DSC00576.JPG

しかし、すぐに慣れてバッチリプログラミングしていましたねicon:cursor_up

WeDo2.0ではモーターが1つしかないので、
工夫をしないと車型のロボは曲がりませんでしたが、
思うように曲げて目標のゴールまで動かすことができましたねicon:body_biceps

DSC00579.JPG

何度も何度もゴールに到達するまでに、
試行錯誤をしている様子を見ることができましたicon:glasses

また、わからなくなってしまった時の質問も具体的でしたねicon:star
今年度の前期では「先生わからないー」といった様子でしたが、
「この部分をうまく曲げるためにはどうしたらいいんだろう?」といった、
自分で問題を発見することができるようになっていましたねicon:face_love


【11月2回目:フォークリフト
メカ度★★★★☆ プログラミング度★★★☆

工場や倉庫で活躍する働く自動車のフォークリフトを作りましたねicon:face_chomp
重い荷物を運ぶために大きく2つ工夫しましたねicon:body_peace

DSC00693.JPG

1つ目はシーソーで遊んだときの工夫
2つ目はフォークの工夫

でしたねicon:body_run_away_lefticon:mystify
2つのポイントを押さえるとな、なんとこんな重い荷物を運ぶことも
できるようになるんですねicon:face_surprised

DSC00675.JPG


うまくいかない経験からどこが、なぜうまくいかないのか考え、
どうしたらうまくいくか考えて、試していましたねicon:body_good
年間のカリキュラムを通じて、
自然にPDCAサイクルを回すことができるようになってきましたicon:body_biceps


★S-L1(セカンダリーコース1年目)

【11月1回目:グリッパ―を使ったミッション
メカ度★★★★☆ プログラミング度★★★★

新しい仕組みグリッパ―を使ったミッションにチャレンジしましたねicon:ecstoramation
大きな手でカンをつかんでいましたねicon:face_smile


DSC00594.JPG

カンをつかむために、超音波センサーで感を発見してから、
つかむプログラミングをしていましたねicon:body_peace

使えるセンサーやモーターが増えたことによって、
プログラミングブロックの順番が複雑になってきましたが、
順番に頭の整理をしながら試行錯誤している様子が見受けられましたicon:body_good


【11月2回目:ウィンターカップ(発表会)に向けて
メカ度★★★★★ プログラミング度★★★★

いよいよ1月にウィンターカップ(発表会)がありますので、
それに向けてより難しいミッションにチャレンジして頂きましたicon:face_chomp

DSC00676.JPG

今回はつかむオブジェクトをボールにしましたicon:soccerball
これがまた難しいミッションですicon:face_mistake

ボールを探すための超音波センサーの付け方や、
ボールを取るための位置取りやグリッパ―の改造など、

つかむオブジェクトが変わったことによって、
変えるものが沢山でてきましたねicon:glassesicon:sparkling

とっても難しいミッションでしたが、
色々な工夫をして恐れずにチャレンジを何度もしていましたねicon:body_good

この調子で頑張って頂けると、
今から、来年3月に開催されるアフレルスプリングカップが楽しみですicon:face_love


★S-L2(セカンダリーコース2年目)

【11月1回目:マイブロック
メカ度★★★☆☆ プログラミング度★★★★

S-L2の生徒のみなさんは、関数の概念にチャレンジしましたicon:cursor_up
大きく3つほどのメリットがありましたねicon:body_no1

①モジュール化によりプログラミングしやすくなる
②スッキリして読みやすくなる
③数値の調整がしやすくなる

今年のWROミドル部門に参加した横浜校の皆さんは
あっという間にプログラミングしていましたicon:body_run_away_lefticon:mystify


DSC00692.JPG

セカンダリーコースの特徴として、
年次が上がれば上がるほどロボットを
正確にコントロールできるカリキュラムとなっておりますicon:cursor_up


【11月2回目:ウィンターカップ(発表会)に向けて
メカ度★★★★★ プログラミング度★★★★★

ウィンターカップ(発表会)のミッションが発表されて、
ロボット作りを始めましたicon:body_peace

DSC00680.JPG

今回のミッションは所定の位置から位置にオブジェクトを
移動させるミッションですicon:body_biceps

オブジェクトとロボットの形は自由ですicon:star
生徒のみなさんごとに工夫を重ねていますicon:sun

丸々2年間授業に参加されてきた生徒のみなさんは、
先生からの指示を受けて何かをするという形ではなく、
提示されたミッションを自分なりに噛み砕き、
ゴールをするために考え、工夫を行い、行動を重ねていますicon:face_chomp


ロボットアカデミーでは、このPDCAサイクルを通じて
問題発見力・問題解決力・論理的思考力・表現力・創造力といった
非認知能力を伸ばしていく環境が整っていますicon:face_smile


栄光ロボットアカデミー横浜校
池谷将宏