東京スカイツリータウン校の最近のブログ記事

こんにちは!
東京スカイツリータウン校と錦糸町校担当の磯野です。

9月後半のSecondaryコースの様子をお届けしたいと思います!

IMG_0326.JPG

【Secondary L-1コース】

前回、投げるしくみのスロワーを作製いたしましたね。今回は、このスロワーで実際のコースを走り、球をゴールに入れるミッションにチャレンジです!

ライントレース、次のモーションのきっかけ、投げる角度やスピード、基本的なプログラミングに加えて、細かな制御が求められました...!

IMG_0277.JPG IMG_0285.JPG

球をたくさん持って、慎重にいざスタート!!さっとゴールに決まると、「よしっ!」と子どもたちからガッツポーズが飛び出しました!
達成感をいっしょに共有できると、とてもうれしいですね。すべてのゴールを決めることができた生徒も出てきて、調整のスピードとセンスに驚き...!みなさん、よくがんばりました!


【Secondary L-2クラス】

L-2でも、前回作製した持ち上げる仕組みを利用して、荷物を持ち上げ、棚に運ぶミッションにチャレンジでしたね!

IMG_0025.JPG

ロボの制御を慎重に行わないと、せっかく持ち上げてもずり落ちてしまったり、棚からこぼれてしまったりと、やきもきしながらもチャレンジする子どもたち...!ミッションすべてクリアするツワモノも現れました!みなさん、がんばりましたね★

【番外編】
なんと...!ゾウがこのミッションを挑みにやってきました!

IMG_0365.JPG

これは拡張パーツを存分に使ったゾウ!プログラミンで歩かせたり、鼻を持ち上げたり動かすことが可能です。なんと!ミッションの棚を持ち上げてライン外に出すことにも成功!クラス全員がトキメいたすてきなゲストでした!Nくん、ありがとう!

【Secondary L-3】

さて、前回非常に苦労した配列を利用した色のカウントアップ...!今回はコースを走りながらカウントアップし、その数を表示するミッションにチャレンジしましょう。

カウントアップコース.JPG

ある生徒は、ギューンとコースを一直線に走りながら瞬時に色を読み取り、カウントアップして表示することに成功!そのスピードに先生も驚嘆...!!
マルチタスクをうまく利用し、固定概念にとらわれない自由な発想でミッションをクリアすることができました★ほかにも、回転数を駆使したり、着実にライントレースをしたり、カラーセンサーを1つで挑んだり...!このレベルのクラスになると、子どもたちの着想がさまざまで、私にとってもすごい刺激になっています。

共にレベルアップして、できることを増やしていきましょう!

10月の授業もお楽しみに!

栄光ロボットアカデミー東京スカイツリータウン校 錦糸町校 磯野未来



みなさん、こんにちは!磯野未来です。
ここでは、セカンダリーコース全コースの内容をレビューしていきたいと思います。

◆S-L1コース授業「投げるしくみ」

IMG_0229.JPG

みなさんはボールを投げる時、どのように投げているでしょうか?
普段意識したことはないと思いますので、子どもたちと一緒に考えてもらいました!
腕を振る速さ、ボールを離す位置、上投げ、下投げ、横投げなど、さまざまな意見が出てきました。
そこで、腕を振る速さを早くするために、ギアをどう組み合わせるか?ボールを離す位置をどう調整するかを確認し、作製開始!

IMG_0177.JPG

今回は、作製と動作確認のところまで完了することができました!
ギア部の作り方や腕の振りを止める位置を各々確認することができましたね★
また、時間が作れた生徒たちと、サプライズミッションに挑戦!
非常に盛り上がりましたね!
「投げる」は当たり前に行われる動作のひとつですが、ロボで行おうとすると、さまざまなコントロールが必要なことに気づかされますね。
次回は本ミッションにチャレンジ!お楽しみに!

◆S-L2コース授業「持ち上げるしくみ」

IMG_0025.JPG

今回は、写真のような荷物を持ち上げ、所定の場所に移動するミッションに挑みます!
名付けて「ウィルス追放作戦!」ですicon:face_self-conscious_smile
単なる荷物ではなく、「新種のウィルス」が発生した設定にし、所定の場所に運んでもらい追放するミッションです。
今回はロボの作製と動作確認を行ないましょう。
さて、ものを持ち上げるには、回転の動きを上下の動きに変換する必要があります。
そこで、「ラックアンドピニオン」のしくみを利用して、回転の動きを上下の動きに変えるしくみを利用し、ロボのアームに組み込んで、
フォークリフトのようなロボを作製してみましょう。

IMG_0024.JPG

コースは本格コース!ライントレースを利用して、ウィルスを運搬しましょう。さて、どこまでできるかな!?
次回の本ミッションをお楽しみに!

◆S-L3コース授業「配列の利用」

IMG_0313333.jpg

今回は、「配列」の応用をEV3で行ってみましょう。
「変数」を利用しても数値を設定することができますが、1つのブロックで1つの数値しか設定できません。
そのため、「配列」を使用すると、1つのブロックにたくさんの数値を設定することができましたね!
さぁ!今回は配列を応用して、コース上の色の種類と読み取った数をリアルタイムで表示していきますよ!

とはいえ、いきなりはでいないので、プレミッションを行いました。
まずは、青色を見たら見た数だけカウントアップ!インテリジェントブロックに色の名前や読み取った数を表示するようプログラミングをしました。
これができたら分岐を利用して、青を見たら?黄色を見たら?赤を見たら?と条件を増やしていきます。
配列のインデックスに気を付けてプログラミングしてもらうと、全員ミッションクリア!
がんばりましたね!
次回は、いよいよコースを走りながら色をカウントしていきましょう!お頼みに!

栄光ロボットアカデミー
東京スカイツリータウン校・錦糸町校 磯野未来


みなさん、こんにちは!磯野です★
夏休みが明けて、一気に秋めいてきましたね。
でもicon:ecstoramation栄光ロボットアカデミーでは、今回も熱い授業が展開されました!icon:body_biceps

みなさんは「しゃてき」をやったことはありますか?
すると子どもたちから大きく手が挙がって
「お祭りで!」
「コルク飛ばした!」
「お菓子とったらもらえる!?」
「おもちゃは!?」
など、きらめいた声が爆発しましたicon:face_shishishi
みなさん、「しゃてき」に楽しいicon:noteイメージを持ってますね!
今回は、「まと」をロボットで作製してみたいと思います!icon:face_surprised


DSC_1547.JPG

使用するモーションセンサーには「せきがいせん」を出して、ものとの距離をはかる働きがありましたね。
(デジカメなどを通してみると、目に見えないはずの赤外線が、このようにピンクに光っているのが見えます!)
これを逆に利用して、「せきがいせん」を当てて、動く「まと」を作製してみました!

IMG_0203.JPG

自分でテキストをみながら作り、いよいよプログラミング!
今回は、動作ブロックを自分で考えて並び替え、赤外線を受け取ったら動くようにするにはどうすべきか?
子どもたちに考えてもらいながら進めました。

IMG_0158.JPG IMG_0212.JPG

完成したらプチ発表会!
それぞれお友だちのところに集まって、どんなロボットになったか教えあいます♪
驚きや新しい発見があって、たくさんの笑いや拍手に包まれました!
お互いを認め合うってすてきですね★

さて、次回はどんなロボをつくるのかな?
みなさん、お楽しみに!!

栄光ロボットアカデミー
東京スカイツリータウン校・錦糸町校 磯野未来

皆さんこんにちはicon:face_smile

8月の暑い時期がまだまだ続きますが、みなさんいかがお過ごしですか?

夏休みも終わりに近づきました。
(学校によってはもう始まっていますね!)
夏休みの宿題は大丈夫ですか??icon:face_surprised

夏休みの宿題と言えば、「自由研究」。
皆さん、自分の研究成果を学校で披露・発表すると思いますicon:face_sparkling_smile

8月の栄光ロボットアカデミーの授業である「栄光ロボットアカデミー サマーカップ」は
教室の全コースの生徒・保護者の方が集まり、
自分のロボットについて「発表」と「披露」をしてもらう授業でしたicon:sparklingicon:sparkling


東京スカイツリータウン校と錦糸町校は
外部会場にてサマーカップを開催しましたicon:bag

DSC01802.JPG


◆Primaryコース(小1・2)◆
Primaryコースの人たちは、自分たちが今まで作ってきたロボットで
一番他の人に伝えてみたいものを選び、発表してもらいましたicon:body_good

DSC01959.JPG

DSC01877.JPG


2月から授業でたくさんのロボットが出てきました。
それらのロボットにオリジナルの要素を入れてみたり、
ロボットを実際に動かして、自分だけの動きをさせてみたり、
聞いている人が、とても楽しくなるような発表でしたねicon:sparklingicon:sparklingicon:sparkling


◆Secondaryコース(小3~)◆
Secondaryコースの人たちは、教室内でロボコンをしました!
1年目~3年目の人たちが、それぞれのコースに挑み、点数とタイムで順位をつけました!


DSC01808.JPG
まずは準備・・・!!うまくいきますように・・・!!

DSC02147.JPG
競技内容は、WROの大会に似たものでしたicon:body_biceps
難しいコースですが、うまくいくかな...!?

DSC02000.JPG
特に3年目のコースの人は、一番難しいコースでした・・・!
それでも、満点を取れたチームもありましたねicon:face_shishishi


DSC02017.JPG
そして最後、発表・競技をした人は、全員賞状をもらいましたねicon:body_biceps


今回うまくいった人、そうでなかった人、いろいろな人がいると思います。
それでも、自分でうまくやろうと努力したことは、とても大事なことですicon:star

今回の発表で他の人の発表やロボットを見て、色々な発見があったと思います!
ぜひ、その発見を自分なりに落とし込み、次の発表・ロボットに活かしてください!

半年に1回のロボアカカップ。次は冬にあります!
そのときの発表・ロボットはどのようになるのでしょうか・・・!?

今から楽しみですicon:face_smile
次回もまた、がんばりましょうicon:face_sparkling_smile


ロボットアカデミー 富田一央
WRO東京予選会ミドル競技・エキスパート競技小学生の部にて
栄光ロボットアカデミーの生徒さんが優勝しました!!
しかも、ミドル競技は1~3位が栄光ロボットアカデミーの生徒さんでした!

IMG_2754.jpg

IMG_2763.jpg

WRO(ワールド・ロボット・オリンピアード)とは、
市販のロボットキットを使用し、自らのプログラム開発によって
自律型ロボットを動かして競う大会ですicon:body_good


IMG_2724.jpg

競技内容は・・・

<ミドル競技>
車型のロボットを作成し、指定されたコースを走り、
高い位置にあるブロックを除去、移動させるというものでしたicon:body_run_away_right

IMG_2655 (1).jpg

<エキスパート競技>
車型のロボットを作成し、各エリアにいる動物の数をカウント、
その数によって搭載されたブロックを置くというものでしたicon:body_good

IMG_2652.jpg

「練習でできたのに...どうしよう!」
「ロボットがいきなり変な動きをしたよ...!?」
と、トラブルがたくさんありましたが、
コーチや保護者に頼らず、自分自身で考え、たくさん成長しましたねicon:body_bicepsicon:body_bicepsicon:body_biceps

次は全国大会icon:face_sparkling_smile
今以上の結果が出せるよう、準備をしましょうねicon:face_smile

東京スカイツリータウン校 富田

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち東京スカイツリータウン校カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは自由が丘校です。

次のカテゴリは川崎校です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。