先生ブログ 先生ブログ

  • 1月アドバンスコース 緑ゆたかな地球を守ろう! ~発表編~


    みなさんこんにちはicon:body_stop
    栄光ロボットアカデミー春日校の清野ですicon:face_shishishi


    最近寒い日が続きますが皆さん体調はいかがですか?

    よく寝て、よく食べて、体調に気をつけて過ごしましょうねicon:body_biceps

    さて、今回は1月のアドバンスコースの様子をお伝えします。


    アドバンスコースの皆さんは11月から1月までに3か月間
    icon:xmas_tree緑豊かな地球を守ろう!icon:xmas_tree」というテーマでロボット作りをしてくれました。

    今回は最後の回ということで、作ったロボットの発表をしてもらいました。


    春日校では

    icon:no01 このまま地球温暖化を防げないとどうなってしまうか
    icon:no02 地球温暖化を防ぐためにはどうすればいいか
    icon:no03 そのためにどんなロボットを作ったのか
    icon:no04 どんなロボットのプログラムを作ったのか
    icon:no05 ロボットを作ったとき工夫したところはどこか


    この5点をスライドにまとめてから発表に臨んでもらいましたicon:ecstoramation

    スライドづくりは初めてという子も多く、皆さんなかなか苦戦していましたが、
    最後にはしっかり自分の意見をまとめることが出来ましたねicon:heart_shake



    中には文字の色を変えたり、写真を取り入れている子も......
    見やすくていいですねicon:body_good

    06.png

    スライドを作ったら
    ロボットの調整をしたり、スライドを読む練習をします。

    プログラムを知らない人にも伝わるように、何度も何度も練習してくれました。


    架空のお客さんに向けて説明の練習中......

    02.JPG

    今回は「スライドを使って発表する」という初めてのことへのチャレンジでしたが、
    皆さん堂々と発表することが出来ていましたicon:ecstoramation

    いっぱい練習した成果ですねicon:ecstoramationicon:ecstoramation偉いicon:ecstoramationicon:ecstoramation


    どれも面白いロボットでしたが、その中から2体のロボットを紹介しようと思いますicon:face_shishishi



    まず最初はこれです!
    これは「惑星のサンプルを持ち帰ってくれるロボット」です。

    04.png

    作者は、

    「地球には資源も限られているし、このままでは人類が絶滅してしまうicon:face_surprised

    ⇒「解決するためには地球以外の惑星から資源を得ることが必要」
    ⇒「まずは探査機を作って惑星の調査をしようicon:ecstoramation

    このように考え、サンプルを持ち帰ってくるロボットを作りました。


    仕組みはこのようになっています
    ①サンプルを回収する部分をベルトコンベアーで降ろす
    ②サンプルに鉄球をぶつける
    ③ぶつけた反動でサンプル回収部分に入れる、
    ④ベルトコンベアーを持ち上げてミッションクリア

    05.png

    発表本番では、青いサンプルブロックを回収できましたicon:heart_shakeやったねicon:face_self-conscious_smile

    この仕組みは「ハヤブサ2」が行ったサンプル回収方法からヒントを得て作ったそうです。

    当初は、再現するのが非常に難しそうだったので、「別のにしたら?」と提案してしまったのですが、
    最後まで諦めずに挑戦し続け、ついに再現することが出来ましたicon:ecstoramationicon:ecstoramation

    本当によく頑張りましたねicon:ecstoramation凄いですicon:face_love


    次は「太陽光発電」ができるロボットです。


    作者は、
    「地球温暖化を防ぐために、二酸化炭素を出さない発電が大事」

    ⇒「太陽光発電機をつくろう」
    ⇒「効率よく発電できるように太陽の方向を勝手に向くようにしよう」

    このように考え、明るいところを目指して動いてくれるロボットを作りました。

    07.jpg

    仕組みとしては
    カラーセンサーをちょっとずつ動かしながら、周囲360°でどこが一番明るいかを調べ、
    そこに太陽光パネルを向けるというものです。

    言葉でいうのは簡単ですが、「覚える」というのがとても大変でicon:face_shock
    何回も何回も試行錯誤しながら作ってくれました。

    見た目もギアがいっぱいついていてカッコいいですねicon:sparkling

    これも実際に人工衛星などで使われている技術の一つです。
    これを0から思いついたのは凄いですよねicon:heart_shake


    他にも
    「木の苗を勝手に仕分けて、運搬してくれるロボット」や、
    「自然を破壊しようとする人を見つけて注意するロボット」等

    様々なロボットを作ってくれました。

    01.jpg

    「地球温暖化」という、大人ですら有効な手立てを見つけられていない難しいテーマですが、
    子供たちはしっかりと自分事として捉えて考えてくれました。

    その姿勢がとても素晴らしいと先生は思います。皆さんよく頑張りましたicon:ecstoramationicon:ecstoramation

    2月からは「宇宙開発プロジェクト」というテーマで授業を進めていきます。

    次回も一緒に頑張りましょうicon:cursor_up



    ロボット・プログミング教室
    栄光ロボットアカデミー春日校
    清野裕暉





    ★LINEでイベント・STEM情報をゲット!

    ★Youtubeはじめました!