年長・小学生のロボット&プログラミング教室

栄光ロボットアカデミー

8月 アドバンスコース 健康と福祉について考えよう~発表編~

皆さんこんにちはicon:ecstoramation
栄光ロボットアカデミー春日校の清野ですicon:face_sparkling_smile

今回は8月の「アドバンスコース」の様子についてお伝えします。

7、8月のテーマは「健康と福祉について考えよう」でした。

どんなことをサポートすればより健康的な生活が送れるかな?

生徒の皆さん一人一人が一生懸命考えてくれましたicon:body_good


春日校では、リハビリをサポートする機械や、予定を忘れないように教えてくれる等
体の不自由な方やお年を召された方をサポートするロボットが多くつくられていましたicon:face_surprised

他の人を思いやることができる素敵なロボットばかりで、良いですねicon:hearts


↓腕をロボットで動かしてリハビリができるロボットです。

ad3.JPG

ロボットの調整が終わったら、最後に発表会を行いましたicon:sparkling

段々と身振り手振りを交えたり、注目して欲しいところを指さしたりなど
発表も上手になってきましたねicon:face_shishishi

ad2.JPG

なかにはスライドを作って発表する子も......
アニメーションも完璧に使いこなしています。

す、すごすぎるicon:face_surprised

ad10.PNG


どれもとても素敵なロボットでしたが、その中から2体をピックアップしてご紹介します。


まずは「運動不足を解決してくれるロボットです」icon:body_run_away_right

このロボットは、腕立て伏せをするとセンサーが反応し、何回腕立て伏せをしたか数えてくれます。

しかも、制限時間や回数を自由に選ぶことができるので、どんな人でも気軽に運動ができるそうです。

さらに、初めての人でも操作がわかりやすいように、絵で操作の説明を付けてくれました。


ボタンのどこを押すかで制限時間を変えることができます↓ 

ad7.JPGad8.JPG

ちゃんと使う人のことを考えて作られていて素晴らしいicon:ecstoramationicon:ecstoramation

商品化されたら先生も欲しいですicon:ecstoramation



次は「認知症を予防できるロボット」です。

認知症を予防するには会話をして、脳を働かせるのがいいはず!
ということで、会話ができるロボットを作ってくれました。

「今日はなにがあった?」「体調はどう?」等
カラーパネルを読み取らせると、対応したメッセージが表示されます。

ad4.JPGad5.JPG

しかも、見た目にもこだわってくれていて、
愛着icon:heartがわきやすいように、車型ではなく人型にしています。

目的に合わせてデザインを変えている点がとっても素敵です!

こんなロボットがあったら、家に帰るのが楽しみになりそうですねicon:note

ad6.JPG

↑先生はこの顔がお気に入りです

他にも、でこぼこ道を進める戦車や、高いところにあるものを取ることができるロボットアーム等、
いろんなロボットを作ってくれましたicon:face_shy


9.JPGIMG_1029.JPG


アドバンスコースがスタートしてから約半年、
段々と「だれの、どんな行動をサポートする」ロボットなのかを考えて作れるようになってきましたねicon:sparkling

モノづくりをするときには、ここが肝になってきますicon:ecstoramation

これからも一緒に考えながら作っていきましょうicon:ecstoramationicon:ecstoramation


次回のテーマは「未来の倉庫を考えよう」です。
お楽しみにicon:body_biceps


ロボット・プログミング教室
栄光ロボットアカデミー春日校
清野裕暉




★LINEでイベント・STEM情報をゲット!

★Youtubeはじめました!